[social_icons type='normal_social' icon_pack='font_awesome' icon='fa-facebook-official' fe_icon='' custom_size='' custom_shape_size='' link='https://www.facebook.com/akazawa.roseki/' target='_self' icon_color='' icon_hover_color='' background_color='' background_hover_color='' border_width='' border_radius='' border_color='' border_hover_color='' icon_margin='' use_custom_size='yes' ]
 

交趾(交趾焼)(こうち、コーチ)やき

交趾(コーチ)焼は広辞苑などには交趾地方の中国やベトナムで焼かれた三彩(さんさい)、法花(ほうか)などと記されています。当時の貿易の手段であった海上貿易の船、交趾船(こうち・せん)によって日本にもたらされたことから、このような色彩のやきものを京都では古くより交趾(コーチ)とよばれ親しまれてきました。
交趾焼=中国の焼き物 のことであり、京都ではその精神を写し取る意味合いから 交趾(コーチ)=京都の交趾風の焼き物、または交趾写(コーチうつし)として区別され続けています。
江戸時代には京都を代表する陶芸家は交趾もの、交趾写しと称し、中国の焼き物を和様化して日本人の生活習慣に合う新しい焼き物として発展させてきました。
戦後になって日本で作られた交趾風の焼き物でも習慣的に交趾焼と他称されたり、自称するものも出てきました。例えば、歴代の露石が新聞や茶道関係の書籍で紹介されるときには交趾焼として紹介されています。混同される方も多くなったので私どもも交趾の焼き物として、交趾焼と自称する機会が多くなりました。
従って、交趾焼(コーチやき)とは中国の本歌、日本の交趾風やきものの総称であり、青磁、染付、などのやきものの種類と陶芸の技法を示すような広辞苑などの辞書に載っている一般的な普通名詞といえるでしょう。

赤沢嘉則(あかざわ よしのり)

京都市立芸術大学美術学部 卒業
国際陶芸アカデミー(IAC) 会員
京都市立芸術大学美術教育研究会 会員
京都市立芸術大学 陶磁器科 非常勤講師(平成24年度:交趾と呼ばれるやきもの)