交趾 二代 赤沢露石

交趾 二代 赤沢露石(赤沢修三 1897-1976)陶歴
陶歴

1897 明治30年2月9日 生まれる
1915 大正4年 亡父 赤澤華峯の跡を継ぎ露石と号す。
爾来 交趾焼、盛上、彫刻の技術に付き祈念修業し今日に至る。父華峯に就き 交趾焼 の技を、又南画を上田丹崖先生に師事す。
1920 大正9年10月 第八回農商務省工芸展覧会に入選 <松竹梅模様磁器鉢>
1921 大正10年9月 第九回農商務省工芸展覧会に入選 <紫交趾龍磁器鉢>褒状
1924 大正13年9月 第十一回農商務省工芸展覧会に入選 <紫交趾鳳紋陶器鉢> <花模様陶器花瓶>(赤沢静波(静尾)案)
1933 昭和8年9月 電気普及賞を受賞 (作陶において電気窯を京都市内において導入、使用貢献において)
1942 昭和17年9月 交趾焼において商工省技術保存に認定さる<交趾風高坏> <交趾風菓子鉢><交趾風飾皿>
1949 昭和24年 京都府工芸美術展に初入選 以後 入選 五回、入賞 三回
1960 昭和35年 京都在住の技術保存認定作家を中心とした京都伝統陶芸家協会 創立会員となる
1960 昭和35年 京都伝統陶芸家協会・作陶展 東京日本橋(旧)白木屋百貨店美術画廊に出品する
1962 昭和37年 京都伝統陶芸家協会・作陶展 名古屋(旧)オリエンタル中村(現・名古屋三越)美術画廊
1963 昭和38年 京都伝統陶芸家協会『創立五周年記念展覧会』京都 京都教育文化センターホール
1964 昭和39年3月 交趾焼 赤沢露石 作陶展 を 東京日本橋三越本店 にて開催

1965 昭和40年 京都伝統陶芸家協会展 大阪・京都 髙島屋美術画廊 以後毎年出品

1965 昭和44年 京都伝統陶芸家協会・作陶展 東京 日本橋三越本店美術画廊
1972 昭和47年1月 交趾焼 赤沢露石 作陶展 を 東京日本橋三越本店 にて開催

1972 昭和47年 京都伝統陶芸家協会展 東京 髙島屋美術画廊 以後毎年出品

1974 昭和49年 創立15周年記念・伝統陶芸展 京都市美術館に出品
1975 昭和50年10月 <黄交趾花瓶>を東京赤坂迎賓館に寄贈

1976 昭和51年9月3日 永眠 法名:修道露石法橋大徳

パブリックコレクション
赤坂迎賓館(東京)
京都文化博物館(京都)
日本陶磁器センター・日陶連美術館(名古屋)