[social_icons type='normal_social' icon_pack='font_awesome' icon='fa-facebook-official' fe_icon='' custom_size='' custom_shape_size='' link='https://www.facebook.com/akazawa.roseki/' target='_self' icon_color='' icon_hover_color='' background_color='' background_hover_color='' border_width='' border_radius='' border_color='' border_hover_color='' icon_margin='' use_custom_size='yes' ]
 

露石の交趾の扱い方

【露石の交趾焼】
  • 露石の交趾焼(コーチやき)の茶碗は茶道の抹茶を点てるためにおつくりしています。
  • 交趾の釉薬(ゆうやく)は三彩、一般的な楽茶碗と同様に傷がつきやすいので扱うときは貴金属、時計などは外します。
  • 交趾の扱いは樂茶碗の扱い方の心得をご存知の方は、樂茶碗と同様に丁寧に扱っていただければいいかと思います。
  • 茶を点てる前に水で浄める
  • 新しい茶碗は1、2分水に浸けておく
  • 使い慣れた茶碗は、水ですすぐか、30秒ほど水につけると釉薬と茶碗に水が浸みてむっくりとします。
  • 片付けるときは水か、ぬるま湯で洗い、その後十分に水屋で乾かすこと。箱にしまうときには一週間以上乾燥させること。
【交趾の茶碗 湿気による臭いに対する対処】
  • しばらく使っていない茶碗など湿気による臭いの場合、水で浄めたあと、お茶を点てることによって臭いを取る。

参考文献:樂吉左衞門.2001.「樂焼創成 樂ってなんだろう」京都:淡交社 108-109